ごま油香る なすとツナのサラダ

写真:ごま油香る なすとツナのサラダ

いつもの食事に野菜で「もう一品」ほしいときに、おすすめの作りおきサラダです。冷蔵庫で保存し、2~3日を目安に召しあがってください。ごま油の香ばしい香りに、炒めたにんにくのうま味をきかせたドレッシング1本で味が決まります。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 122kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 55g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

作り方

1なすは縦半分に切って、さらに縦3等分に切り、水にさらして水気をきる。

2耐熱容器に、①、ツナ、ドレッシングを入れて混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけ、レンジ(500W)で約8分加熱する。※レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。

調理のポイント

●調理するとき
 手はよく洗い、調理器具は清潔なものを使用してください。
 野菜は新鮮なものをしっかり洗い、水気をきりましょう。
●保存するとき
 調理後は冷めてから、密閉できる清潔な容器に移しましょう。
 1回に食べる量だけ出し、残りはすぐに冷蔵庫に入れましょう。
●召しあがるとき
 使用する食材や保存状態によって早く傷むことがあります。
 色やにおいをよく確認し、味が悪いときは食べるのはやめましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 122kcal
たんぱく質 4.5g
脂質 9.8g
炭水化物 4.1g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 55g

なすを活用しよう

単品野菜のレシピ

サラダクラブ ライトツナ(フレーク)を使ったレシピ


素材について なすの基本情報

夏|旬は6〜9月

なすの話

なすはインド原産といわれています。なすは「成す」「生す」という言葉を連想させるためか、昔から縁起のよい野菜として親しまれてきました。初夢の決まり文句「一富士、二鷹、三なすび」も有名です。「なす紺」と呼ばれる独特の紫紺色は、アントシアンという色素でポリフェノールの一種です。味に強い個性がなく、どんな調理法にもなじむ万能野菜、油や肉との相性が良く和食だけではなく、中華やイタリアンにと幅広く使われています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す